« 「国立動物園を考える会」公開シンポジウム開催 | メイン

市民ZOOネットワーク 8月セミナー

う〜ん、暑いぞ、暑いよ、あっち〜・・・。
来週あたりからは、少しは落ち着いてくるという予報ですが、そんなことはわかりませんよね〜。

で、市民ZOOのセミナーのお知らせです。
 *天候と市民ZOOセミナーは全く関連ないですが。

今回は、動物園水族館での「種の保存」のお話。

「種」は生まれ、滅び、また、新たな「種」が生まれる。そして、その新たな「種」も滅びる。
人類最期の日みたいな映画やドラマ、小説はよくありますが、その主人公は、たいてい人間。
が、「種」の「絶滅」は、ヒト科ヒトに限ったことではなく、すべての種は、いつか滅びるものです。
しかし、近年そのスピードが早い。このままじゃ、人間の活動が原因で、野生動物も、動物園水族館で
展示している動物もいなくなってしまうかもしれない。
ということで、野生動物を飼育展示している動物園水族館でも、絶滅の危機に瀕している「種」を
守っていかなければなりません。

でも、どうやって?
そこで、登場する機関のひとつがISISです。ISISはグローバルな機関です。
さて、どんな人々が、どんなことをしているのでしょうか。

セミナーに是非ご参加ください!


市民ZOOネットワーク 8月セミナー
「ISIS(アイシス)と野生生物保全」

ゲスト:冨澤奏子さん
(ISISアジア太平洋/オーストラレーシア地域コーディネーター)

地球規模での気候変動、環境悪化により、近年、多くの野生動物が
激減しています。このような状況の中、世界中の動物園水族館をは
じめとする動物学的機関が協力し合い、飼育下繁殖による展示動物
の維持、繁殖した動物の野生復帰などが重要となっています。共同
で繁殖を行なう際、遺伝学的ならびに個体群統計学的分析を行う必
要があり、それに使用される個体情報を維持しておく必要がありま
す。個体情報を一括して集めるため、1974年、国際種情報システム
機構(International Species Information System=ISIS)が設立
されました。
日本人唯一のISIS職員である冨澤さんに、ISISの組織、活動などに
ついてお伺いします。

■開催日時:2012年8月31日(金) 18:30〜20:00
■開催場所:地球環境パートナーシッププラザ セミナースペース
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学1階GEOC内
■アクセス:表参道駅(東京メトロ)B2出口から徒歩約5分
      渋谷駅(JR・東急・京王井の頭・東京メトロ)
      宮益坂方面出口から徒歩約10分
      http://www.geoc.jp/access
■参加費:一般 1000円  サポーター 500円
■参加申込み:
E-mailのタイトルに「8月セミナー」と記入し、本文に参加希望者
全員のお名前、性別、年齢、代表者の当日の連絡先(メールアドレス、
電話番号など)を明記の上、市民ZOOネットワーク事務局
(info@zoo-net.org )宛お送りください。
■参加申込み締切:8月30日(木) 18:00
■お問い合わせ:
市民ZOOネットワーク事務局
TEL:03-5261-3224  E-mail:info@zoo-net.org
http://www.zoo-net.org
■当日の連絡先:090-8040-1104(さとう) 090-2941-3034(永井)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.zoo-net.org/mt/mt-tb.cgi/62

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)